民泊を利用する際の一般的な流れと注意事項を紹介します

民泊.navi

現地でチェックイン

現地について、ホストとの顔合わせが済んだらチェックインとなります。ホストによってはチェックイン後に穴場のスポットを教えてくれたり観光ガイドをしてくれるホストなども居ます。

民泊を利用するシーン

no.1

国内旅行や国外旅行

民泊を利用される目的で一番多いのは、やはり国内旅行や国外旅行です。気軽にその土地の雰囲気を味わうことができ、ホストとのコミュニケーションも楽しいといった点から選ばれる事も多いです。

no.2

出張や研修などのビジネス目的

旅行に次いで多いのは、出張や研修などのビジネス目的での利用です。民泊施設はウィークリーマンションなどよりもコストパフォーマンスが良い場合も少なくはありません。

no.3

趣味での活動

物作りを行っていて、なかなか自室ではスペースが取れずに作業がし辛いといった場合に利用される方も最近では増えてきています。普段は家族と一緒に住んでいで、作業に集中したい時だけ民泊を利用するというパターンになります。

no.4

変わった施設に宿泊する

民泊を利用する方のなかには、旅行目的ではなく宿泊目的で利用される人なども居ます。民泊サイトで紹介されている民泊施設にはユニークな物も多く、ツリーハウスや古城に宿泊できるところなどもあります。

no.5

簡易的な同棲での利用

カップルでいきなり同棲を始めるというのは、不安感などもあります。そのため、まず民泊を利用して一時的な同棲を試してみるカップルなども最近は増えてきています。

民泊を予約する流れ

宿泊地と滞在期間を決める

旅行などで民泊を利用する上で、まずは民泊探しが必要になります。先に宿泊地と滞在期間を決めてから行動するようにしましょう。

民泊サイトなどを利用して条件にあった施設を探す

宿泊地と滞在期間が決まったら、インターネットなどで条件にあった施設を探していきます。最近では民泊をサポートするサイトなども出てきているため、こうしたサイトを利用すると効率的です。

数カ所から選りすぐる

気になる民泊施設をいくつかピックアップしたら、宿泊条件などを見比べて自身にあったところを選びましょう。施設によってルールは様々で、夜中に騒ぐことが禁止であったり、ホストが交流を好まないところなどもあったりします。

ホストへの連絡

利用するところを決めたら、ホストへ連絡をしましょう。記載されている条件やルール以外に疑問点があれば、この時に合わせて質問しておくようにするといいです。

ホストに予約

疑問点などが解消されて問題がなければ、ホストへの質問後に日程を調整して予約となります。予約の後は現地での顔合わせとなります。

一般的な民泊利用の流れ

ベッド

民泊を予約する際の注意

ホテルと違い、民泊は予約をする前に確認すべきことが多くあります。複数人で利用する場合などはベッドの数なども忘れずに確認しておきましょう。また、部屋のタイプの確認やチェックイン・アウト時間の確認なども大切です。

部屋のタイプを確認する

大きく分けて、民泊には貸し切りタイプ、個室タイプ、シェアルームタイプの3つの部屋タイプがあります。貸し切りは部屋自体を貸し切り、個室は大きい家の1室を借りるタイプです。シェアルームは家や部屋自体をホストと一緒に利用するタイプになります。費用として格安なのはシェアルームです。

チェックインとチェックアウト時間を確認する

民泊にもホテルと同じく、チェックイン時間とチェックアウト時間というものが存在します。しかしながらホテルよりも融通が効く場合もあって、事前に連絡をいれれば柔軟に対応してくれることも多いです。

広告募集中